FC2ブログ

Kuma Riders Camp

〜キャンプ、ツーリング、DIYを中心としたKUMA型ヒューマンライフ〜
【無印良品】カンパーニャ嬬恋キャンプ場 [暑い夏は涼しいキャンプ場で楽しもう!] MUJI 2019.09.15
千葉県にしては珍しい海岸近くの格安キャンプ場 [大房岬自然公園・大房岬キャンプ場] 2019.06.25
【Amazon.co.jp 限定】コールマン ワンポールテント & ヒーリングチェア オリーブ のご紹介![これはもう軍幕⁉] 2019.06.24
ゆるキャン△のスープパスタを作って食べて、ブッシュクラフトも楽しむ欲張りキャンプ[白州観光尾白キャンプ場] 2019.05.12
天空でキャンプ飯 [陣馬形山キャンプ場] 中央アルプスを一望出来るキャンプ場 [Jinbagatayama Camp] 2019.05.12
ほったらかしキャンプ場 雲海と富士山 弟小屋 雨の日最強のタープ泊 [Hottarakashi編] ② 2019.03.12
ほったらかしキャンプ場 弟小屋大解剖! 区画サイト、ほったらかし温泉紹介 [Hottarakashi編] ① 2019.03.12
ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 紅富士と出会えるキャンプ場 [Humotoppara編] ② 2019.03.12
ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 富士山をおなか一杯食べられるキャンプ場 [Humotoppara編] ① 2019.03.11
ファットウッド宝探し [ 太古からある着火剤 part 2 ] 2019.03.11
風をなめたら大失敗!若洲公園キャンプ場で強風と格闘 ② [ 都内編 ] 2019.03.11
キャンプで夜景を楽しもう! 初冬の若洲公園キャンプ場 ① Wakasu Seaside Park [ 都内編 ] 2019.03.11
DOD はじめてのまきちゃん [ 薪ストーブ初火入れ ] 道志の森キャンプ場 ② [Doushinomori編] 2018.12.06
はじめての道志の森キャンプ場〖新幕キャンプ〗秋満喫のダッチオーブン料理 ① [Doushinomori編] 2018.12.05
北海道横断の旅 最終回(苫小牧市内観光 マルトマ食堂→苫小牧港→大洗港) 2018.07.18

千葉県にしては珍しい海岸近くの格安キャンプ場 [大房岬自然公園・大房岬キャンプ場]

千葉県南房総市 2019年06月04日(火)

千葉県南房総市にあるキャンプ場、大房岬自然公園『大房岬キャンプ場』に行きました。
ここは南房総市にあたる地域、市営なのか県営なのかよく分かりませんが、広々とした公園にそこそこの大きさのあるキャンプ場があります。

HP_大房岬キャンプ場3

詳しくはYouTube動画で紹介しています。
興味のある方は下記URLからどうぞ!
千葉県にしては珍しい海岸近くの格安キャンプ場 [大房岬自然公園・大房岬キャンプ場]

近くには磯場や港があり、釣り人が多く利用しているようです。
只のキャンパーの方が珍しいのかもしれません。
自然公園とあって風景はどこも最高の景色を紹介出来そうです。

HP_IMG_8370.jpg

まずは腹ごしらえ、高速から降りて直ぐに道の駅がありそこで昼食を取りました。
サーモンの親子丼にアオサの味噌汁そしてこのボンビノス貝

HP_IMG_8371.jpg

大変美味しくいただきました。

HP_IMG_8508.jpg

施設はとても古いのですがしっかりしており、トイレも水洗で炊事場にカマドも完備しています。
無料の温水シャワーも完備しています。
機材レンタルから購入と多くのギアとアイテムが揃っています。
何と言っても海から近い場所の設営で宿泊コストがとても安いのです。
季節にもよりますが、張物が無ければ無料でデイキャンプが出来るようです。
とてもコストパフォーマンスに優れたキャンプ場です。

HP_IMG_8408.jpg

このテントとタープそれにイスとクーラーボックスですが、
お泊りとして使うのは今日が初めてです。

【amazon.co.jp限定商品】コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 325(3~4人用)
現在(2019.09)amazon.co.jp限定商品のオリーブ色は販売中止。


OneTigris ヘキサタープUV(耐水圧:2000mm)3x4m


何分初めてに近いので設営に少々時間が掛りました。
タープが意外にヘキサ感が無いのは二山タープだからなのか?

コールマン クーラーボックス Coleman Xtreme ホイールクーラー50QT


【amazon.co.jp限定商品】コールマン(Coleman) チェア ヒーリングチェア
現在(2019.09)amazon.co.jp限定商品のオリーブ色は販売中止。


しかし、オートキャンプでないのは許容範囲としても、自家用車(搬送地)から設営地の遠さは結構足に来ます。
リヤカーの貸し出しがあります。
繁忙期(混雑時含む)は荷下ろし後、車を遠くの駐車場(インフォメーション近く)へ移さなくてはいけません。
それが半端ない距離なんです。
幸い今回の私らは閑散期だったので、比較的近くのビジターセンターに留める事が出来ました。
それを見込んでの安さであり、大自然なのでしょう。
設営場所は自由に選べるようですが、傾斜地が多いので注意。
コストをあまり気にせず利用できるのは嬉しいですが、その分不便もあるので、行く際は体力と相談して決めた方が良いでしょう。

HP_IMG_8493.jpg

チェックイン13:00・アウト11:00と良心的な時間、とは言えもう少々ゆっくりしたかったので私らは2泊分で予約しました。
デイキャンプ:テント・タープの値段は1泊分と変わりません。
ちなみにデイキャンプは9:00~16:00です。(張物無しは無料とは言え予約は必要です。)

HP_IMG_8443.jpg

夕食はチーズクリームドリア
器はステンレス鍋と言う何ともキャンプ色まっしぐらです。(笑)


Picogrill 398 (ピコグリル 398)


翌日は釣りをしました。
昼食はこの辺りで有名な『おさかな倶楽部』で食べました。
HP_IMG_8567.jpg

HP_IMG_8547.jpg

今回は色々と遊ばせていただきました。
釣りでは釣りチューバ―の方と仲良く出来たりとまた違った楽しみもあり贅沢な旅が出来たと思います。


以上、クマライダーズキャンプでしたぁ~(*´▽`*)


kao03.jpg
KUMA RIDERS CAMP