FC2ブログ

Kuma Riders Camp

ジムニーで初めての車中泊![RVパーク七里川]

RVパーク七里川で車中泊
2022年05月24日(火)
千葉県君津市黄和田畑920


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
[Jimny]ジムニーで初めての車中泊![RVパーク七里川]


IMG_1421.jpg
[2日目旅立ちの風景]見晴の良い自然豊かなRVパークです。

IMG_1267.jpg
道中にある道の駅。千葉と言えば落花生(笑)



久しぶりのキャンプ!
今回は新車で初めての車中泊を決行しました。
しかも長年の夢だったジムニー車中泊なのでワクワク度も半端ない!


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
[Jimny]ジムニーで初めての車中泊![RVパーク七里川]


IMG_1277_20220601234716e6b.jpg
道中湧水あり「田丸家の銘水」200円を払い湧水を頂きました。
クセの少ないまろやかな水。珈琲に使用しました。


IMG_1285.jpg
<亀山水天宮鳥居>出羽三山と関連のある祠あり



随分とキャンプをお休みしていました。
色々あってやっと動画配信できる様になりました。

休みの期間色々ジムニーの内装をDIYしていました。
結構な金額を何とか低予算に抑えラゲッジマットや車内用テーブルに目隠し等
色々作りました。
なので下準備は完璧!
その辺りの詳細はまた別の機会でご紹介します。

IMG_1326.jpg
車中泊で最低限の装備、エアマット、サンシェード、寝袋は当然確保!

今回のギアと類似品







ジムニーで初めてのキャンプ地は千葉県の七里川。
RVパーク七里川です。
千葉では珍しい硫黄温泉の前にあるRVパークです。

IMG_1315.jpg

今回のギアと関連商品







一泊2〜3千円と電源使い放題で且つエリアによってはテントも張れる。
そんなRVパークです。
焚き火台使用ですが焚き火も出来ます。
焚き火場(レンガ場)は1〜2箇所決まった位置で行う様です。
このRV-1番のサイトは大きな貯水タンクらしきものと謎の小屋が隣接します。
目障りではありますが、この狭い環境でその場に車があるよりは圧迫感はありません。

IMG_1322.jpg
我々のサイトはNo.1、小タープなら張れるスペース2,500円

今回のギアと類似品







さて現地到着後、電話にて管理人さんを呼ぶ様です。
とても優しそうな奥様が来られました。
色々と施設の使い方を教わりました。
・テルマエ・ロマエで有名な便器のフタを開け閉めしてくれる便座あり。ヽ(*^ω^*)ノ
・自家栽培なのかお米も売っていました。
・ゴミ袋100円を購入すればゴミも捨てられるらしい。
・冷蔵庫は一泊2日で100円との事。
・薪コンテナ販売で500円。(コンテナ一杯)
母家ですが見た目の佇まいの割に近代的なトイレ(笑)や虫の居ない室内の水場、
空調付きの内装が丸太小屋風で薪ストーブのある囲炉裏部屋など
母家は過ごし易そうな設計のRVパークなのでした。

結構な居心地の良さを演出しています。

IMG_1329.jpg
設営完了!通常の半分の荷物なのでとても楽に仕上がりました。





残念なのは泊まりたかった第2サイトは土日祝日と連休扱いでないとやってないとの事。
第2サイトはオートキャンプとしてはそれ程広い訳ではありません。
でもそれなりのプライベート空間が存在し、
周りの人工物も少ないので気分的に第1サイトよりは落ち着ける感じです。
第1サイトはとても狭いのにこの日はほぼ満杯に近かったです。
隣が近すぎて話し声が丸聞こえなのは辛い。
隣も多分そう思っているに違いありませんね
500円いや1000円高くても第2サイトに泊まりたかったかなぁ


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
[Jimny]ジムニーで初めての車中泊![RVパーク七里川]


IMG_1350.jpg
定番のピコグリル。やはり軽量化を図るならコレ系一択!簡易ロストルも中々良い。



さて、設営を完了し早速焚き火です。
んー久しぶりに炎の揺らぎが見れるのはとても嬉しい。

IMG_1338.jpg
amazonでランタンシェードを購入。とても可愛い!








設営後辺りを散歩。
七里川温泉前の道路脇の風景が中々の景観だったので紹介!
原生林とも思える緑深い景色です。

IMG_1335.jpg

夕飯はステーキ!
その後は七里川温泉!
とても楽しみっす!

IMG_1355.jpg

IMG_1360.jpg

温泉から帰って来てぼんやりと焚き火の揺らめく炎を堪能しました。
でも具合がよろしくないので早めに寝る事に…

IMG_1376.jpg

街灯の灯りが気になるけどそこそこ星空を拝めました。

IMG_1385b.jpg

IMG_1380b.jpg



さて、ジムニーで初めての車中泊の寝床の感想ですが…
使用感は?
・やはり狭さはありますが肩がぶつかり合う程の窮屈さは無いようです。
・厚めのマットのせいか下の凸凹は感じません。
・マットのクッションも柔らかすぎず固すぎずで丁度よかった。
問題は?
・寝返りし辛い。
 揺れにより体を傾けにくい。
 大きく揺れれば隣人に迷惑が掛かる仕組み。
・少し窓を開けとけばよかったと思った。

まぁ「揺れ」問題は居住優先のキャンピングカー以外どの車にも言える問題ですね
熟睡するには寝返りを気にしないソロじゃないとです。

IMG_1409.jpg

早朝、
小鳥の囀りが凄い!
ウグイス、コジュケイ、キジ、キジバト、知らない鳥
獣も凄い!
キョン、シカ

IMG_1419.jpg

車も田舎道だけに朝早くからは通りません。
なので結構鳥の囀りは楽しめました。

IMG_1415.jpg

楽しみにしていた「イベリコ豚ベーコンのチーズサンドスモーク」最高に美味かった。
体調が良かったら何倍でもご飯のおかわりをしたいところ。

IMG_1421.jpg


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
[Jimny]ジムニーで初めての車中泊![RVパーク七里川]




撤収後

IMG_1423.jpg

まずは南に下りました。
県営天津ポートパークと天津漁港を見て周りました。
この日予定していたのは釣り。
ですが体調不良もあり見るだけの観光となりました。

ただ気分転換も必要。
東側の海岸線に沿って帰るコースを取りました。

IMG_1430.jpg

向かうは千葉県いすみ市にある「雀島」夫婦岩
途中混み込みの蕎麦屋の蕎麦を食べつつ海岸線をひた走ります。
そして到着!

IMG_1431.jpg

IMG_1433.jpg





中々最高の眺めでした。
これこそ車中泊で泊まりたい場所。
但し夜中に車やバイクが押し寄せる名所との事。
うるさくて眠れないでしょうね(笑)

せっかくなので九十九里有料道路を通って帰りました。
気分良く走りました。
んーでもちょっと値段は高いかな

IMG_1441.jpg

たぶん…世界一小さいチョコレート工場に立ち寄りました。
調子こいて一杯買ってしまいました。

IMG_1442.jpg

IMG_1456.jpg
一杯買ってしまった証拠写真(笑)


人気のマヨシリーズはamazonでも売っています。



YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
[Jimny]ジムニーで初めての車中泊![RVパーク七里川]


以上、久しぶりのキャンプ(車中泊)を終わります。



kao03_190925.jpg








にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 夫婦キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

【雲の中でキャンプ】サーカスTC MID雨の日はG-Stoveでテントに籠る[富士ケ嶺高原キャンプ場]

富士ケ嶺高原キャンプ場 2日目
2021年12月14日(火)
山梨県南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺1301 富士ケ嶺高原キャンプ場

前回からの続き
富士ケ嶺高原キャンプ場2日目の早朝からです。


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
【雨の日テンマクキャンプ】雲の中のサーカスTC MID雨の日はG-Stoveでテントに籠る[富士ケ嶺高原キャンプ場]


10D42643-68D7-4607-9F25-7DA4A730E438.jpg

今日は若干風が強く雲が勢いよく流れていきます。
富士山も顔を出したり隠れたりと大変です。

名称未設定 5

朝、まずは薪ストーブに火を入れ体を温めます。

今回のギアと類似品


横窓からも炎が見られるコスパ最強の薪ストーブ





やはり薪ストーブのある冬キャンプは心が落ち着きます。
火を見ているだけで心も体も癒される。

名称未設定 4

朝食は簡単に出来合いのにら焼餅とお茶漬けです。

冬の朝、薪ストーブがあるのと無いのとでは雲泥の差ですね
キャンプでありながら温かい室内で食べられる朝食。
とても贅沢な時間です。



IMG_4158.jpg

あれだけ寒かったテントの中も曇り多いとは言えお日様が指すと暖かくなりました。

IMG_4156.jpg

早朝、周りの風景を眺めます。
朝日があたった場内は結構広々して美しいです。

テントの入り口を開け、早速焚き火を始めます。

今回のギアと類似品


YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」でもお馴染みの焚き火台





IMG_4153.jpg

富士山に雲が張り付いてちょっとウザイなぁ

IMG_4160.jpg

この日の天気は前もって調べており晴れ時々曇りでした。
でも…

早朝から雲の数が半端なく多く昼近くになると風も出てきました。

IMG_4172.jpg

それまでは今日1日はのんびり焚き火三昧を決めていた我々でしたが雲行きが怪しくなってきました。
昼過ぎになると突然霧の中、ほとんど雲の中にテントが包まれました。
晴れ時々曇りだったよね
私の頭の中で何度も響く自身の声!

IMG_4175.jpg


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
【雨の日テンマクキャンプ】雲の中のサーカスTC MID雨の日はG-Stoveでテントに籠る[富士ケ嶺高原キャンプ場]

ポツ、ポツポツ…

突然の雨音
マジか…((((;゚Д゚)))))))
雨が降ってきました。
それも大粒の雨

テントに当たる雨音は轟音と化していました。
こんなポリコットン生地の音は聞きたくはなかった。

IMG_4176.jpg

どんな状況下でもこのテントは絵になりますね

今回のギアと類似品


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テンマクデザイン サーカスTC BIG(tent-Mark DESIGNS)
価格:54780円(税込、送料無料) (2022/9/12時点)





正直、今日がキャンプ初日なら凹んでいるところです。
十分凹んではいますが、テントの中で温もれるだけありがたい。

とは言え本番のキャンプ初張りで雨って…そりゃナイよぉ(つД`)ノ

これは気持ちを切り替えないといけませんね
温泉に行こう!
そしてのんびりしようと言う事になりました。



雲の中を走る!
麓に着くと霧は晴れただの曇り空でした。
やはりキャンプ場は標高が高く雲の中だった様です。

IMG_4170.jpg

道の駅近くにある温泉「ゆらり」でくつろぎます。
ここは色んな種類の温泉・風呂がある施設。
正直、私は大きな内風呂と露天風呂があれば良い派なのでこう言った施設は苦手です。
でも結果から言うとある物は入る!
色々な風呂に入りました。
ただサウナは苦手なので風呂形式の物に入りました。
で、のぼせました。(^◇^;)

102983746

キャンプ場に帰る道は行きより帰りの方が霧が濃くなっている様でした。
予想では晴れていることを期待しましたが無理だった様です。

名称未設定 2

その日はやる事も少なくストーブの火を見ながら飲み明かしました。
まぁこれはこれで薪ストーブの火を眺められるので良いのだけどね

名称未設定 1

DSC_0119b.jpg

霧は夜まで続きました。
キャンプ場の管理人さんからは今日はふたご座流星群がピークと聞きました。
残念でなりません。
と、諦めていたのですが

深夜
トイレに起きると な・な・何と!雲ひとつない天候ではないですか。
数個の流星を確認。
ツレは早速カメラを構えて撮っていました。
ただ残念なのはあまりに寒いので長時間外で見学する事は出来ませんでした。

名称未設定 1

動画ではそこそこ見えましたが、動画→写真に落とした物では見えませんね

IMG_4181.jpg
室内の方が寒くなっている…何で??

とりあえずふたご座流星群を見れましたね
STARMEADOWSの名は守られましたよ(笑)

IMG_4192.jpg

早朝は雲一つない天気に恵まれました。

IMG_4198.jpg

これが2日目の朝なら気分は絶好調だったのに

IMG_4211.jpg

翌日は晴天に恵まれ富士山から映える朝日も拝めました。
とても気持ちの良い朝!
残念なのは本日帰路に着くのでゆっくりはしてられない事でした。

名称未設定 6

テントに付いた特大の氷、これ撤収までに乾くのかな??

2ルームテントの時と違いこのテンマクデザインサーカスTC MID+は撤収が楽でした。
なのでいつもギリギリの時間でたたみ終わるもこの日は15分の猶予がありました。
本来もっと余裕があっても良かったのですが、前日の雨が乾かなかったのでギリギリ干しました。
何となくですが多分干せたと思われます。

ポリコットン生地なのに結構乾くのが早い事を知りました。

名称未設定 3

富士山2日目災難でした。
初めてのテントで雨降りの経験は嬉しくないけどスキルUP出来たと考えれば素直に喜べます。
これはこれで良い経験だったと思われます。



最後に
この富士ケ嶺高原キャンプ場はふもとっぱらよりも良かったと思えます。
中途半端なだだっ広さではありますがそれなりに富士の裾野の広大さを味わえました。
この分だとゆくゆくは人気が出て来て人の出入りも多くなるのではないでしょうか。
それだけ満足できるキャンプ場です。



↓同じ内容で動画でも紹介しています。宜しければご覧ください。↓
【雨の日テンマクキャンプ】雲の中のサーカスTC MID雨の日はG-Stoveでテントに籠る[富士ケ嶺高原キャンプ場]


kao03_190925.jpg








にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 夫婦キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

【富士ケ嶺高原キャンプ場】テンマクデザイン サーカスTC MID本初張り G-Stoveインストール実践・体感 [STAR MEADOWS]

富士ケ嶺高原キャンプ場
2021年12月13日(月)
山梨県南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺1301 富士ケ嶺高原キャンプ場

いよいよテンマクデザインサーカスTC MID+の本初張り
富士山がよく見える富士ケ嶺高原キャンプ場で張ってみたいと思います。


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
テンマクデザイン サーカスTC MID本初張り G-Stove 実践 [STAR MEADOWS富士ケ嶺高原キャンプ場]


IMG_4080.jpg

今まで富士山が間近に見られるキャンプ場を多く紹介して来ました。
今回紹介するキャンプ場も間近に富士山を堪能出来るキャンプ場です。
しかも2020年新設のキャンプ場で昨年出来たばかりのキャンプ場らしいです。
STAR MEADOWS(スターメドウズ)富士ケ嶺高原キャンプ場。
STAR MEADOWS(直訳すると星の草原)その名の通り星空を堪能出来そうなキャンプ場です。
新設当時は混み合う「ふもっとぱら」を避けここに辿り着いたキャンパーも居たのではありませんか?
ただ最近は既に皆の知るところなのか土日祝日は混み合う日もあると聞きました。

IMG_4070.jpg

元は牧草地だったのか?スキーのゲレンデだったのかよくは分かりませんが、
土台となる土は放牧地感ハンパない造り。
場所により結構土がえぐれボコボコではあります。
でもそれがかえってふもとっぱら的自由な空間を演出しています。

C0006T01_20211224125839de6.jpg

我々が今回利用した「草原エリア1」
富士山を一番近くに感じられるエリアです。
しかも向かって左側の一番富士山に近い位置にテントを張れました。
それも周りに人は居ず。
それだけで最高の気分!
ただココ、1つ欠点があります。
ボコボコにえぐられた土の範囲が多く平坦な場所はあるものの範囲は狭いところばかり。
それにあまりに荷物を積み込みすぎるとリヤカー(貸出可能)でも運べません。
つまり何十往復と手持ちで運ぶのが一番手っ取り早い。
結果、駐車場から距離もあり重労働となる。
そうまでしないと良き場所は確保出来ません。( ´ ▽ ` )ノ

C0049T01.jpg

旅なれた人達は駐車場近くで富士山が見える所を確保。
その唯一の欠点は人のテントを見ながら富士山を堪能すること。
どこも一長一短ですね

ふもとっぱらとこの辺りは変わりませんね
人より前に張る事で富士山を独り占めするもトイレ、水場から遠く離れてしまう。
そして一番前に張れたかと思い安穏としていると自分よりちょっと前に他人にテントを張られてしまう。
結果、富士山独り占めは出来ずその辺りは人でひしめき合うと言うジレンマに陥る。
ならば最初から独り占めは諦め便利な場所を確保するのも一つの手です。




何が最善なのかは分かりません。
風景、その時々の雰囲気によりますしね
ただ、2回目からは諦めもつきますが、初めはやはり富士山独り占めに挑戦したいですよね
そして今回、それが良い感じで成功したとも言えます。
良きかな良きかなヽ(*^ω^*)ノ

IMG_4074.jpg

何にしてもはじめの一歩は富士山と対話したく頑張って一番近くを確保しました。
初日から良き体験が出来ました。
でも労力は半端なかった。(^◇^;)

さて、今回はテンマクデザインサーカスTC MIDの本番初張り。
加えてワンポールテントとしては最初となるGストーブのインストール後の初火入れ。
今まで冬キャンプで使っていた2ルームテントとの比較対象が目的でもあります。
実際ポリコットン製のワンポールテント2ルームテントとの違い
今回2夜経験した事により分かったことがあります。

IMG_4073.jpg



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テンマクデザイン サーカスTC MID+(tent-Mark DESIGNS )
価格:43780円(税込、送料無料) (2022/9/11時点)





2ルームテントと比較してプラスに思えた事
・設営が楽。
 2ルーム設営の2〜3倍のスピードで設営可能。
・当然撤収も楽。
・2ルームより気持ち軽い。
 と言っても十分コレでも重いが、2ルームテントが重すぎ、幅を取りすぎる。
・結露がし難い。
 雨降った翌朝は最悪だけど晴れの日はさほど気にならなかった。
・ポリコットンと言う厚い生地のせいか保温性が気持ち持続した気がする。
・見栄えが可愛い。
 ファミリーと言うより玄人感が感じられる。

2ルームテントと比較してマイナスに思えた事
・ポリコットンと言う生地のせいか氷点下の外気温より室内が冷えている事がある。
 保温性もあるが保冷性も当然ある。
 2ルームではまず外の気温より室内が同等にはなっても外気より冷える事はなかった。
 思うにポリコットンと言う生地の特性からクーラーボックスの様にその生地の厚みから
 保温・保冷効果があると思われる。
 これは正直一長一短で寒さに関しては正直喜べないデータでした。
・2ルームでは余裕のあったスカート部もこのワンポールテントのスカートは短すぎる。
 ペグで押さえる事が出来ても隙間風は否め無い。
 正直寒い。
・出入りが大変。
 一応ジッパーの補助棒は装着してもやはり斜めっているのでちょっと面倒。
・今のままでは夏場の虫対策もあり冬場しか使え無い。
 インナーを買えば良いのだが、どうも高価で気乗りはしない。


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
テンマクデザイン サーカスTC MID本初張り G-Stove 実践 [STAR MEADOWS富士ケ嶺高原キャンプ場]


C0012T01_20211224125841a31.jpg

煙突を追加で3本購入した事で高さが増し火の粉よけの機能として一層安全性が増しました。

C0014T01.jpg

今回バージョンアップした幕よけ羊毛の厚みを増し外部は百均の不燃シートで雨よけも兼ねます。

IMG_4116.jpg

いつも真っ赤になる筒と本体、今回はダンパー導入で軽減できました。







薪ストーブをインストールして気がついた事
・使い勝手は2ルームと変わりはない。
・出入り口を兼用した排気口な為、煙突が体に触れないか心配になる。
 2ルーム同様に排気口を出入り口と違う場所に設ければ解決するが穴開けには勇気がいる。
・暖まりにくく2ルームほどでは無いが冷え込みが早い。
 所詮屋外で使う物なのでこの辺りは2ルームと然程大差はありません。
 今回、多めの薪を用意するもほぼ薪ストーブで全て消費してしまった。
・3本分煙突追加は正解だった。
 追加した事でテントてっぺんより煙突が高くなった。
 火の粉飛びの心配が軽減された。
・今回導入のダンパー付き煙突の効果。
 思った以上に火が安定する事が分かりました。
 薪を温存する事が可能になったが、ダンパーを絞りすぎると室温が思う以上に上がらない。
 つまり氷点下での絞り気味は当然寒さを招く。
・外気温マイナス5度前後の中で最高室温8度以上をキープすることが出来た。
 ただし問題となる上部に暖気、下部に冷気は避けられない。
 つまり頭は暖かく足は寒いと言う事。
 やはり扇風機(ファン)による暖気拡散が必要とされる。


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
テンマクデザイン サーカスTC MID本初張り G-Stove 実践 [STAR MEADOWS富士ケ嶺高原キャンプ場]




正直、マイナス面が目立ちます。
多分使い始めで慣れていない事もあるかもしれません。
対処方法さえ学べば随分と判定も変わるかもしれませんね

ここから旅全般の報告に変わります。

IMG_4084.jpg

カゴに詰めるだけ詰め込んで800円と言う格安の薪、値段は時季により変動する。

C0018T01.jpg

焚き火台と言えば王道の「ピコグリル398」バッタ品が多いが本物はやはり格が違う!                   

C0019T01_2021122412584500e.jpg

C0020T01_20211224125846c79.jpg







IMG_4089.jpg

明るい内は焚き火を楽しみました。
薪が800円(値段変動制)はカゴ一杯積み放題なので惜しみなく使えました。
これはとてもありがたいです。

標高が高いせいか夜、朝方の冷え込みは半端ないです。
明るいうちは焚き火を楽しんでいましたが、
日が暮れてからはテントの中で薪ストーブでぬくぬくでした。
結果、今回の旅では全てテントの中で食事しました。
外ではさすがに寒くてダメでしたね(笑)

C0026T01.jpg

C0028T01.jpg

辛うじて紅富士見られました。
初日だけでしたが、久しぶりに見られて嬉しかったです。
でも寒いのでテントの中から覗かせてもらいました。(笑)

C0023T01.jpg

IMG_4101.jpg

IMG_4103.jpg

IMG_4102.jpg

IMG_4106.jpg

IMG_4096.jpg

今日の夕飯。
ほてい焼き鳥缶詰の玉ねぎとじ。
輪切りの玉ねぎをよく炒め、輪の中に焼き鳥を入れ炒めます。
味が染み込んだ辺りで熱熱を頬張る!
コレとても美味しかったです。
特に最初に食した「とりチーズ」が一番美味しかった。
簡単に作れてとても美味かったです。

IMG_4152.jpg



期待していませんでしたが「ふたご座流星群」ちょくちょく流れ星が見れて感激でした。
家じゃ明る過ぎて絶対見れませんからね
STAR MEADOWS謳い文句なだけあって綺麗な星空でしたよ



IMG_4143.jpg

初日は昼も夜も最高の景色を頂きました。
その分とても寒かったのは言うまでもありません。

そして問題の次の日が…
つづく



YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
テンマクデザイン サーカスTC MID本初張り G-Stove 実践 [STAR MEADOWS富士ケ嶺高原キャンプ場]


kao03_190925.jpg







長瀞キャンプヴィレッジ 長瀞の河辺で星と紅葉を愛でながら焚き火を愉しむ

長瀞キャンプヴィレッジ
2021年11月11日(木)〜13日(土)
埼玉県秩父郡長瀞町岩田483

長瀞の河辺で星と紅葉を愛でながら焚き火を愉しむ


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
【長瀞紅葉キャンプ】長瀞の河辺で星と紅葉を愛でながら焚き火を愉しむ[長瀞キャンプヴィレッジ]

原因不明による病によりしばらく体を自由に動かすことが出来ませんでした。
まだ本調子ではありませんが、
何とか痛みを我慢しながら作業が出来るまでになりました。

約1年ぶりでしょうか緊急事態宣言も明けたことでキャンプを決行!
場所は長瀞、観光地域としては結構なブランド地域です。
晴れにも恵まれたことから秋の紅葉や星空を愉しむことが出来ました。

本当に良き日和になりました。

IMG_3899.jpg





IMG_3876.jpg

長瀞キャンプヴィレッジは何処のエリアでも愉しめる造りになっています。
ただ景観、醍醐味を味わうのなら断然西側奥のエリアでしょう。
最奥は景観No.1、最奥から二、三歩引いた区画ならば向かいの川向こうにある林の紅葉。
でも、やはりと言うか混み合いますね
川側は何処も混みます。
平日でも間を開けないで入って来るキャンパーがいるので正直落ち着かないと思います。
みんな良き場所に設営したい気持ちは一緒ですね

IMG_3797.jpg

今日もコールマンのワンポールテント。
タープはいつものDDタープではなく修理したタープを組み合わせてみました。
今回は以前壊してしまったタープ、DODの「いつかのタープ」を修理したものを使ってみました。
これがいい感じに修理できたようで結構な風にもびくともしませんでした。

話は変わりますが
今年に入って周りのキャンパー達のテントにある動きを発見しました。
このキャンプ地でも何人かいましたがポリコットン製のテントが目立って多い事です。
ほぼテンマクデザイン!
あぁ私も絶対購入したいと思っているのに…
とても羨ましかった。

今回のギアと類似品






IMG_3811.jpg

いい感じで設営場所を確保し全てのギアも設置完了!

西側奥から3番目に入りました。
1番目は前の日から入っていた方が居た様です。

ここでも見晴らしは最高!
真前に紅葉の森がドンっ!と身構えており
崖下は清流が流れております。
まぁ長瀞ですからね
時折汽車の汽笛の音が聞こえます。

そう、汽車が走っているのを見られるんです??

まぁ電車、汽車が通る音は聞こえるけど姿は見えません。
真前を走っているのは分かるんです。
でも、森が深くて見えませんね
冬になり枯れないと無理なのかな??

今日の夕飯はポトフと栗ご飯にトマトとチーズの和え物です。
やはり景色の良いところで食べる飯は美味しいです。

いつものスノーピークのバーナーは止めました。
軽量化の為SOTOのバーナーと新しく購入したバーナーカバーの組み合わせに変更。
中々の使い勝手の良さにびっくりです。







夜になり焚き火の火を眺めます。
やっぱり焚き火は落ち着くなぁ

・・・・・

長屋の集会の様に今日はあっちこっちで酒盛りの怒号が始まりました。
結構うるさい。

IMG_3821.jpg



IMG_3824.jpg

キャンプの楽しみと言えばまずはランタンの灯り、それと焚き火の炎の揺らめき。
コレを見れないキャンプはキャンプではない。

とだけ言って眠りたかったけど10時過ぎても周りがうるさい!

で、0時になってもうるさいのだ。

って言うかこの時間から薪叩くってなんだよ!

一体何時まで騒いでいるのだ。
ちなみにこのキャンプ場の造りが長屋形式で隣と接し過ぎなんです。
正直、オートキャンプなのでもっと幅が欲しい。
なので1つ開けて向こう側でも結構近いのです。
騒いでいるのはその1つ向こうの連中です。
間近の人大丈夫なのか?



そんな感じでモヤモヤしていたら夜が明けました。

IMG_3867.jpg

IMG_3921.jpg



IMG_3850.jpg

朝日が森を照らし始めました。

紅葉は始まったばかりと思われます。
この後の1週間後がきっとキレイな紅葉狩りが出来ると思われます。

ここ長瀞キャンプヴィレッジは長瀞ブランドの中、
コストパフォーマンスに優れたキャンプ場だと思われます。

【優れているところ】
・まず長瀞、秩父地域にしてはオートキャンプ代が良心的。
・トイレがキレイ(男女分かれているのも良い)
・炊事場もキレイ(但しお湯は出ない)
・西側の川沿い設営地は中々の景観、川も美しい。
・若干街の灯りが邪魔しているが晴天ならば星もキレイに眺める事ができる。
・現時点、日曜日に温泉が入れます。
・貸切風呂(温泉ではない)ならば平日も入浴可。
・運が良ければSLの汽笛が間近に聞こえる(但し林に隠れて姿は見えない)

【残念なところ】
・場所にもよりますが隣が近すぎる。(結果、下記の災難が起きる)
・プライベート感が無い。
・川沿いなので風が強く隣客の焚き火の煙、火の粉、灰、料理の香りがもろに被る。
・10時以降の酒盛り客の話が丸聞こえ。(近隣事故のトラブルとも言える)
・設営地の地盤が粘土質な為にペグが抜けやすく何に付け泥処理が大変。

設営地ですが縦に長い作りを横に作り替え、
車とテント設営場所を確定させれば隣人トラブルが無くなるはず。
ただそう簡単な事では無いのでしょうね
残念なところと書きましたが、
それはつまりキャンパー達により多くの良き場所を提供する目的とも言えます。
そう考えれば仕方の無い状況、条件とも取れます。

下手に改築してコスパの低減を招けばもっと残念な結果にもなります。
その上でもこのキャンプ場は貴重なのだと確信します。

要はキャンパーのモラルさえ守られればそれほどの問題ではないのでしょう。

紅葉には1週間早い気もしますがそれでも紅葉は楽しめました。
この動画をUPする日には丁度見頃かと思われます。(11月下旬ごろ)
紅葉キャンプは今が旬の秩父、長瀞地域。
中々良い旅が出来たと思います。


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
【長瀞紅葉キャンプ】長瀞の河辺で星と紅葉を愛でながら焚き火を愉しむ[長瀞キャンプヴィレッジ]


以上、クマライダーズキャンプでしたぁ~(*´▽`*)



kao03_190925.jpg






にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 夫婦キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

椿荘オートキャンプ場 薪ストーブで穴籠もりぬくぬくキャンプ[道志の村キャンプ]

椿荘オートキャンプ場 1日目
2020年12月15日(火)~16日(水)
山梨県南都留郡道志村

椿荘オートキャンプ場、薪ストーブで穴籠もりぬくぬくキャンプ



⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
【道志村キャンプ】薪ストーブで穴籠もりぬくぬくキャンプ[椿荘オートキャンプ場]


tsubakisoucamp01.jpg

久しぶりの道志村でキャンプ!
今回は椿荘オートキャンプ場で2泊3日を過ごしました。
道志村と言えば林間キャンプで有名な場所。
遠くを眺める様な物ではなく黙々とキャンプライフを楽しむ感じでしょうか。

管理陣で薪を購入。
1束700円か・・・しかも細い。
ちなみに太い薪は1束800円。
結構するもんですね
ただ、二晩は持たないかな
後でまた二束購入しないとです。
他がリーズナブな料金だけに薪の高さはちと厳しい。

早速現地に向かいます。

2020121501.jpg
公道から「中央の森エリア」入口の風景(右側の建物が炊事場とトイレ)

実は目的の場所がありましてまずはそこを目指します。
西の森の川の側!
そこで設営したい。

IMG_3164.jpg
道志川に流れ込む支流なので川幅は小幅です。

でも…全部埋まっていました。泣)
なので南の森エリアの1番の見晴らしの良い場所に陣取りました。
この場所も悪くは無いよね

2020121502.jpg

IMG_3131.jpg
薪ストーブにはコレ!ロゴスの2ルームテント。安全面を考えれば1択!

今回のギアと類似品





IMG_3165.jpg
設営地近くの川はこんな感じです。

眼下に川が流れていてとても水が澄んでいました。
下流の設営地と違いこの辺りは少し開けています。
若干人工物が目に入りますが見晴らしは良い方だと思います。

全ての設営を終え焚火の準備をします。
まずは着火遊びから
焚き火に火を入れます。
麻紐を解いたものを使用したので難なく成功です。
た・楽しい!
火を育てていく作業ってほんと楽しいです。

IMG_3140.jpg
お馴染みのキャプテンスタッグの焚き火台改。歪みは折り込み積みか⁉︎笑)

しばらくボーっと火を眺めながらゆったりした時を過ごしました。

15時になり急に肌寒くなります。
今の時季、ここは14時から日が沈む感じで15時には夕暮れです。
林間キャンプは日が短いです。
薪ストーブに火を入れます。
穴蔵形式のキャンプベース2ルームテントだから出来る芸当。
お尻は薪ストーブ、前は卓上焚き火台でぬくぬくになりました。

IMG_3145.jpg
Gストーブはコンパクトでありながら暖かいのがイイ!

類似品とGストーブ


Winnerwell Nomad View Sサイズ
ウィンナーウェル ノマドビュー スペシャルパッケージ
Gストーブに匹敵する人気の商品





早めの夕食を取りました。
今日は和牛のステーキです。
メインはヒレステーキとサブにサーロインを用意しました。
いやぁ〜とっても美味でした。
柔らかい肉最高です。

2020121503.jpg

また焚き火と薪ストーブでまったりタイムを堪能します。

焚き火臭くなった身体を洗いに紅椿の湯に入って来ました。
帰って来て早々、寒くなる前に薪ストーブに火を入れます。
ん〜ぬくぬくです。
しばらく薪ストーブのゆらめく炎を見ながらうつらうつら。
このうたた寝がたまらなく好きなんです。



ツレが夜の星空撮影に外に出ていきました。
今回から取り入れたGoPro HERO 9のテストを兼ねた撮影です。
まだ慣れていないのでどうも初日はうまくいかなかった様です。

翌日早朝
兎にも角にもまずは薪ストーブに火を入れます。
ツレ、早朝の撮影に出かけました。
今度は上手く撮れるかな?

私は寒くて穴から中々出れません。(笑)



⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
【道志村キャンプ】薪ストーブで穴籠もりぬくぬくキャンプ[椿荘オートキャンプ場]





椿荘オートキャンプ場 2日目
2020年12月16日(水)〜17日(木)


椿荘オートキャンプ場2日目は、
薪ストーブで美味しいパエリアの作り方をご紹介します。



⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
【道志村キャンプ】薪ストーブでのパエリアの作り方、氷点下の中でぬくぬく冬キャンプ[椿荘オートキャンプ場]


椿荘オートキャンプ場2日目の早朝
寝付きの悪い私はいつも早起きで2時か3時に目が覚めるのがキャンプの日課。
薪ストーブに火を入れ消える頃合いでまた就寝します。
次の目覚めは明るくなった頃かな
ツレは5時頃から目が覚めたらしくライフワークの星のタイムラプス撮影をしていたらしい。

tsubakisoucamp02.jpg

朝はほうじ茶のお茶漬け
キャンプ2日目の朝はこのぐらいがちょうど良い。

IMG_3160.jpg

IMG_3158.jpg
朝食はさっぱりとほうじ茶のお茶漬けにしました。

冬キャンプの寒さは早朝が一番寒いです。
しかも林間キャンプとなれば陽が当たる時間は昼近くから
それまでは氷点下が続くので前室前方の大扉は中々開けられません。
とは言え今日は網戸だけにし外の風景をうっすら楽しめる仕様にしました。
やっぱり寒いです。
お尻からの薪ストーブの熱で何とか凌げるぐらいかな

IMG_3174.jpg
朝の散歩。川の水は澄んでいてとてもキレイでした。

IMG_3171.jpg

IMG_3181.jpg
今日は幕よけを忘れてしまったがそもそものテント側の安全面が良かったので問題は無かったようだ。

昼を過ぎた辺りからの外作業開始!

まずは昨日買った追加の薪処理です。
全部で4束購入したのかな
細い広葉樹薪700円x3束
太い広葉樹薪800円x1束
2,900円…高くついたな
針葉樹は気持ち安いです。
でも薪ストーブにススが多くこびりつき撤収作業が嫌になるし
筒の直径が小さい事で根詰まりの原因になり易い。

ただ購入した広葉樹の太い薪質は中々良いものでした。
それだけは救いです。



2020121601.jpg

さて、この太い薪ですが私のG-Stoveにはちと長い様です。
加えて幅もある。
ギリギリ入る大きさではありますが、窓にひっつき過ぎ。
コレでは窓がススだらけになりそう。
そこでサムライ(ノコギリ)で一刀両断します。( ´ ▽ ` )
薪の幅のある方をカットすれば容易にストーブ内に収まりそうです。

2020121602.jpg

広葉樹の薪はとにかく固い!
流石に一刀両断と言う訳にはいかない様です。(^◇^;)
結局全部切り終えるのに休みを入れて1時間近くもとってしまいました。
まぁこう言う作業もたまには良いのですけどね
とにかくこれで今日の夜はぬくぬく出来そうです。

IMG_3204.jpg
G-StoveにHelle knifeとノコギリのサムライに千吉鉈カスタマイズ、それを照らすフュアーハンドランタン。
大好きな物に囲まれてとても有意義な時間です。


今回のギア


ヘレナイフ、ノルウェーでは一般的なナイフです。
一本一本が手作りなんです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Helle Temagami CA ヘレナイフ テマガミCA 301
価格:28500円(税込、送料無料) (2022/9/10時点)




早めの夕食の準備
さて今日のキャンプ飯メインの品はパエリアです。
魚介類は今回入れませんでした。
動画を見ていただければ分かると思いますが今回の出来は最高でした。
ツレ、会心の一撃!
自画自賛ではありますが、見た目良し、味よ良しで最高の出来栄えでした。
これは皆に教えてあげないと
で、動画紹介、サムネールの表紙となりました。
詳しくは動画参照していただけるとその出来栄えが分かると思います。

参照動画

【道志村キャンプ】薪ストーブでのパエリアの作り方、氷点下の中でぬくぬく冬キャンプ[椿荘オートキャンプ場]

IMG_3185.jpg
表面は焦げも無く艶やかで鍋下は美味しそうなお焦げ付き。今回は最高の出来です。

この日の夜も温泉(紅椿の湯)で焚き火臭さを洗い流し温泉に浸かりました。
近くなので湯冷めしにくいのが良いです。
薪ストーブに火を入れ、しばらく温まります。
今夜は田苑GOLD 3年貯蔵ものをソーダ割りでいただきました。
バニラの風味が中々の良き印象を持たせます。

2020121604.jpg

GoProの星空撮影に再び挑みます。
今回が初めてなのでおぼつかない。
何事もはじめはこんなものなのかな

IMG_3211.jpg

そして翌日の朝食は残ったパエリアをチーズリゾットにしました。
コレもまた中々の出来。
コゲの香ばしさも残しつつスープでも味わえました。
西洋おじやではありますが、ちょっと水多めが良かった。

IMG_3215.jpg

IMG_3221.jpg

冬の林間キャンプは毎回そうですが風景を楽しむと言うより
火を愛でる、火の前でうとうとする感じでしょうか
焚き火そして薪ストーブと寒いからこそ火のありがたみを実感する。
そう言う機会をわざわざ作る。
正直、側から見たら何とも滑稽です。
何せ極寒に好き好んで挑むのだから
現代社会には至極当然と思われる生活レベルを度外しする。
とても馬鹿げた行為です。
でもね、先祖の暮らしをあえて体感する事はとても重要で贅沢な事なのだと思う。
ありがたい!
そう思えるものがそこにはあります。
今回もそんな旅ができました。

IMG_3223.jpg

帰りはデイキャンプ扱いで帰りました。
元の一泊料金が安いので大して値段は変わりませんけどね
ゆっくりと支度終えられたのはとても良かったです。

さて、今回はここまで
ここまで見て頂いて感謝です。


⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
【道志村キャンプ】薪ストーブでのパエリアの作り方、氷点下の中でぬくぬく冬キャンプ[椿荘オートキャンプ場]


kao03_190925.jpg








にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 夫婦キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。