FC2ブログ

Kuma Riders Camp

ファットウッド宝探し [ 太古からある着火剤 part 2 ]

2018年12月27日(木)
ファットウッド宝探し(太古からある着火剤シリーズ2)

[関連動画]
ファットウッド宝探し [ 太古からある着火剤 part 2 ]

IMG_6983_b.jpg

久しぶりのファットウッド探し



本当はブッシュクラフトを楽しむべく実家に来たのですが、まずは着火剤探しにいそしみました。
結局丸1日を費やし、見つける事が出来ました。(写真参照)
ブッシュクラフトは又の機会と言った感じでしょうか。

この様子は以下の動画で紹介しています。
ファットウッド宝探し [ 太古からある着火剤 part 2 ]
よろしければ見ていただけると嬉しいです。

以上、ありがとうございました。



kao03_190925.jpg





江戸川河川敷の春

IMG_4406.jpg
この画像は3月下旬に撮影したものを紹介しています。

帰り道、近くの川(江戸川)に散歩に来ました。
目的は来るまでは無かったのですが、
とりあえずキャンプに使える火口(ほくち)でも探そうかな
って、感じのお気楽散歩です。

IMG_4407.jpg



道中、枯れた荻の穂が一杯あったので拝借しました。
でもこの時期、既に風と共にフサフサ部が飛ばされたものばかり。
火口にと取りましたが、ほとんど使えませんね(´Д⊂ヽ

IMG_4408.jpg

河川敷らしく、年を重ねる度に地形が変わります。
当然、時期的にある増水のせいでしょう。

IMG_4409.jpg

見覚えのある風景もいささか年を重ねると増えていたり減っていたりと
中々に情景深いものがありますよね

IMG_4410.jpg

ギシギシの葉、まだ寒い時期でもあるので若干赤味を帯びていますね
食べられる野草でとても身近なものです。
おひたしやみそ汁の具が有名ですが、天ぷらも中々旨いとの事。
成長した葉も食べられますが、新芽が一番美味しいのです。

IMG_4411.jpg

この花の様な葉っぱの様な花ですが、
ヒメオドリコソウと言うらしいです。
食べたことは無いのですが、食べられる草花です。
成長した葉を湯がいておひたしとして食べられるらしいですが、
エグミが強く塩で湯がいてからでないと食べられません。

IMG_4412.jpg

実はこの写真の手前、写っていませんが、ゴミだらけなんです。
いかにもその場に居た人が散らかした感じになっていました。
わざわざ写真に収めたくもないので写していません。

昔っから河川敷は、見栄えの悪いごみ漂着場所でもありますが、
一番の犯人は、釣り人です。
昔から変わらないです。
せめて自分のゴミは持ち帰ってもらいたいものです。

IMG_4413.jpg

こうやって自分の首を絞めて、釣りが出来ない領域をわざわざ増やしてゆく。
こう言うことって、釣りに限った事ではありませんね
ほんと人とは愚かな生き物です。(自分も含めてね (´・ω・`))

IMG_4414.jpg

ハマナスでしょうか?
この実は食べられます。
一杯取ってジャムにでもするのかね
面倒だな

IMG_4415.jpg

(´・ω・`) ん~・・・?

IMG_4416.jpg

オオイヌノフグリ?
可哀想な名前を付けられたものだね



IMG_4418.jpg

ある看板がたてられていた。
(´・ω・)??
写真載せてもらえませんかね?

IMG_4419.jpg

(*´▽`*)ノビル~!!!

IMG_4421.jpg

(*´▽`*)ノビル~!!!

IMG_4422.jpg

(*´▽`*)ノビル~!!!

IMG_4423.jpg

野生のエシャロット男爵
酢味噌であえて食べると美味いのです!

IMG_4424.jpg

河川敷を歩いているだけなのに腹が減ってくる。
美味しい野草が一杯ですな
ただ犬の散歩コースにもなっているので低地の野草は食べられないね

ところで目的が既に崩壊していました。
肝心の火口集め・・・荻、ねこじゃらし、ススキ (´Д⊂ヽ
買い物袋に集めたが、見せるに忍びない姿だ。

春の河川敷散策。
一杯春を見つけられました。

ではまた。



kao03_190925.jpg





よろしかったらコメントいただけると嬉しいです。



ファットウッドを探しに行こう!


ファットウッドを探しに行こう!

『太古からある着火剤を探しに行こう!』は動画でも紹介しています。
↓以下のリンクからどうぞ↓
太古からある着火剤を探しに行こう!


fatwood001.jpg

着火剤、今は100均などで色んな種類の物が簡単に手に入りますね
昔は登山などで使う缶(エタノールゲルが詰め込まれた)物が主流だった気がする。
と言うか・・・着火剤になるけどもバーナーとしてがメインでしたね
定番の新聞紙やティッシュ・・・今でも一番良く燃えます。
ただ燃えた後、風が強いと火が付いたまま飛んで行ってしまうへそ曲り。 笑)
それと量を調整しないと枝や炭に火が移る前に消えてしまいます。
着火力はあるが持続力がないのがこの手のアイテム。
新聞紙→枯葉→小枝→中枝→細薪→太薪を組み上げ、
閉じ傘やイゲタなど、その時々に応じた形にして、火を育てるように着火させる。
そんな事で時間を費やすのが面白かったと記憶します。



オガクズ圧縮、アルコールジェル、パラフィンブロックなど
すぐ火が着いて便利ですよね
昔と違い、コンビニや100均で入手が楽な上に安く手に入る。

見た目もカッコイイ100%天然素材点火キューブ
48個入(一回あたりたったの33円) 【日本正規品】


今はほんと一瞬ですな
何の苦労もない。
ありがたく便利ではありますが、火付けの愉しみはありません。

ここ5~6年前からの流行りなんですか?
わざわざ不便極まる着火方法で楽しんでいる方達を良くみます。
ファイアースチール(火打ち)を使い薪はフェザーステックにし、
火口は麻紐をほぐしたものとファットウッド(蜜蝋木を)使用し、着火する。

ブッシュクラフトの達人が使用するファイヤースチール。


その準備ときたらアホの様に薪をバトンで大、中、小、細、極細と切り刻み、
小薪を何本かナイフでフェザーステック(何枚もスライス化)させ、
火口(麻紐やファットウッド、ティンダーコットンなど)を用意し、
その火口を切り込んだり、擦ったり、ほぐしたりと恐ろしく時間を費やし、
やっとの思いで揃えたと思った素材にファイヤースチールの火花で着火!
火花だよ・・・火花! そこはマッチやライターではいけないの?
正直、端から見たら何かに取り憑かれているとしか思えないカルト人です。

ちなみに今は市販でもファットウッドは売っています。


ただ何だろう・・・
今の様な便利な着火剤を使っていなかった頃を思い出し、懐かしく思えました。
それに楽しそうだ。(注意:やっている本人だけね)

ちょっと真似事だけでもしてみたい気がしてきました。

そうだ!
ファットウッドを探しに行こう!

ファットウッド(別称:ティンダーウッド)
松の樹木で松脂を含んだ部位をファットウッドと呼ぶそうです。
松脂=蝋状なので火口(着火剤)として重宝されています。

早速、実家に行ったついでに松の枯れ木探しに行ってみました。
(ここからはムービー取り込み画像なので画質が荒いです。)

fatwood002.jpg

ビバーク出来る機材とナイフを持参。

人気が高い一般的なブッシュクラフトナイフ。
モーラナイフは初心者から玄人まで幅広い人気を誇っています。


BarkRiver バークリバー ブラボー1 A2 ブラックキャンパスマイカルタ ランプレス
玄人ブッシュクラフターが選ぶ逸品ブランド。


加えてノコギリとナタをザックに詰め裏山に出発します。

ブッシュクラフトで絶大な人気のあるノコギリ。
サムライ 曲刃折込鋸 替刃式 騎士 荒目 210mm FC-210-LH


日本一ポピュラーな鉈。
千吉 園芸用 腰鉈 両刃 薪割り・枝打ち用 165mm SGKN-6



fatwood003.jpg

何だか勝手が分からず荷物持ちすぎで失敗しました。
この山・・・獣道しか無い。 笑)

fatwood004.jpg

もみの木の葉、クマザサみたいに茶にする人がいるよね
まだ試した事はありません。

fatwood005.jpg

第一松発見!
締め殺され掛かっている。 汗)
辺りを見るも松の枯れ木はありません。



fatwood006.jpg

残念、次行きましょう!

fatwood007.jpg

だいぶ登って来ました。
松は経験上、山の尾根伝いに生えている事が多いのでもっと上を目指さないとですね

fatwood008.jpg

枯れ木発見!
これは松か・・・?

fatwood009.jpg

んーっ腐りすぎだよね
掘り起こしてまではちょっとかな
もっと上を目指しましょう!

fatwood010.jpg

ポツンポツンと松はあるものの目指す枯れ松は無しです。
この時点で2時間も歩き回っている。

fatwood011.jpg

だいぶ前に風でやられたのか、松の枝が落ちていました。

fatwood012.jpg

試しに切ってみるもヤニはありません。
そりゃそうだよね・・・随分上にあった枝だろうし、ヤニは下に溜まるもの。
この後も散々沢伝いに登るも成果なし。
帰りましょう。



fatwood013.jpg

荷物が重かったせいで滑落してしまいました。
マジ死ぬかと思った。 汗)
よく見えないと思いますが枯葉を避けて土くれになった所が滑落後です。
道が無いのだもの・・・そりゃ~滑りますよ

fatwood014.jpg

沢に戻り一服します。
もう夕暮れ近く、湯でも沸かして茶でも飲んだら帰ります。

キャンパー必需品!
一番ポピュラーなミニ浄水器。


fatwood015.jpg

実家近くより水が澄んでいる。

さて、二日目です。
今日こそはファットウッドが欲しい。
実家から20分、車で走っていると松林を発見!
早速、山の中へ入ってみることにします。

fatwood016.jpg

結構な数の松があり、期待していたのですが、
枯れ木で良さげなものはありません。

fatwood017.jpg

散々探してやっと一本見つけました。
これは中々良さそうな腐り具合。
期待が持てそうです。
早速切ってみましょう。

fatwood018.jpg

切り口からも分かるように蜜蝋な気配が漂う。

fatwood019.jpg

おぉ中々良い蝋具合です。
切った部分の渕に蝋として白く浮いています。

fatwood020.jpg

これなら良く燃えそうな気がします。
結構純度が高い気がする。
粘った甲斐がありました。

fatwood021.jpg

では帰りましょう。



fatwood022.jpg

翌日、実家で削り出し。
良い感じに仕上がりました。
削り出している間、とても良い香りがするんですよ
森の香り?
長くは続きませんが、清々しい香りがたまりません。

fatwood001.jpg

雨の日の撮影で濡れていますが、分かります?
木そのものが蝋状になっているので水がはじいています。

それにしてもファットウッド探し、探す人曰く「宝探しだよ!」は確かに納得しました。
これは意外に楽しいかも
ちょっとした楽しみが増えましたね

『太古からある着火剤を探しに行こう!』は動画でも紹介しています。
↓以下のリンクからどうぞ↓
太古からある着火剤を探しに行こう!

ではまた!

kao03_190925.jpg





よろしかったらコメントいただけると嬉しいです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。