FC2ブログ

Kuma Riders Camp

ほったらかしキャンプ場 雲海と富士山 弟小屋 雨の日最強のタープ泊 [Hottarakashi編] ②

2月19日(火)~20日(水)

「ほったらかしキャンプ場」二日目。

朝から曇り空そして午後から雨とキャンプとしてはあまり経験したくはないものですが、弟小屋の広く大きくそして高いタープのおかげでのんびりとしたキャンプが楽しめました。
それでも晴れの日の楽しいキャンプには到底敵うものではありません。
しかしこの雨が翌日奇跡的な山の風景を生みました。
神秘的とも言える雲海を運んで来てくれたのです。

[関連動画]
ほったらかしキャンプ場 雲海と富士山 弟小屋 雨の日最強のタープ泊 [Hottarakashi編] ②
上記リンクでそんな神秘的とも思える動画を撮る事が出来ました。
動画後半に記録していますので興味があれば見ていただけると嬉しいです。

hottarakashi-2.jpg

波の様にうねる雲は、富士山がまるで一隻の船の様に思える程素晴らしい光景でした。
雲海は経験すれど富士山とのコラボは生で見たことが無かったのでとても感動しました。

運が良かった…



前日雨だとしても翌日上手い具合に「放射冷却」が起きなければキレイな雲海に成長しません。
この日は最高のシチュエーションが揃ったのでしょう。

雲海は長い時間存在していました。
弟小屋を撤収後、ほったらかし温泉で昼食を取りました。
温泉地の出店でラーメンをすすりながら雲海富士を堪能しました。
ある地元民のオバさんに呼び止められ、雲海を撮るのにどこが良いかと尋ねられました。
それはココでは?と言うとイヤ私は地元に住んでいるのでココより高い方が良はずと言うのです。
なのでほったらかしキャンプ場を紹介しました。
喜んで立ち去る地元のオバさん。
なぜそれを他県の観光者に聞くのかが理解出来ないけど 笑)
ただ残念なのはオバさんが来るのは遅すぎたみたいです。
13時を過ぎた頃に来られても雲海はあれど富士は雲に隠れていました。
下山してからも富士山をみていたけど雲海が消えても富士山は雲に隠れていました。
やっぱり運なのかな
必ずしも地元民が優位とも言えないのだと悟りました。

前日の雨が運んで来てくれた幸運。
雨日も中々捨てたものではありませんね


[関連動画]
ほったらかしキャンプ場 雲海と富士山 弟小屋 雨の日最強のタープ泊 [Hottarakashi編] ②


以上、クマライダーズキャンプでしたぁ~(*´▽`*)

kao03_190925.jpg





ほったらかしキャンプ場 弟小屋大解剖! 区画サイト、ほったらかし温泉紹介 [Hottarakashi編] ①

2月18日(月)

「ほったらかし温泉」と「ほったらかしキャンプ場」に行きました。
予定は二泊三日「弟小屋」で過ごす予定。

hottarakashi-1.jpg

初日の今回は、温泉と弟小屋に各サイトの大解剖として動画を制作しました。
ほったらかしキャンプ場 弟小屋大解剖! 区画サイト、ほったらかし温泉紹介 [Hottarakashi編] ①
地図を交えて各サイトの紹介動画を作りました。
弟小屋に関しては、内部を詳しく解説したつもりです。
これから「ほったらかし」に初めて行く方にはとても役立つと思われます。
よろしければ覗いて見てください。



ほったらかしキャンプ場は、まだまだ発展途上のキャンプ場らしく手付かずの場所、工事中の箇所と様々です。
当然工事車ユンボのエンジン音が大音量で聞こえており、キャンプ地としては悩みどころではありますが、それを補う程の大自然と富士山、街の夜景、星空と見ごたえのある風景は格別で最高のものでした。

弟小屋は、コテージではありますが、大きく丈夫なタープを最初から張っている事で、タープ泊的な遊びも出来ます。
つまりタープ、テント泊並みの楽しさも味わえる造りになっています。
通常のコテージと違い、遊びの幅が半端無い。
当然コテージとしての機能も充実しているので、冷暖房に困らず寝る事と用を足す事に不自由はありません。
一粒で二度美味しい弟小屋は、その点において兄小屋より優秀と思われます。

あまり動画として流れていない弟小屋を紹介出来る事は、今後の利用者の参考になればと思い制作しました。
そんな方達の少しでもお役に立てれば光栄です。

[関連動画]
ほったらかしキャンプ場 弟小屋大解剖! 区画サイト、ほったらかし温泉紹介 [Hottarakashi編] ①


以上、クマライダーズキャンプでしたぁ~(*´▽`*)

kao03_190925.jpg





ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 紅富士と出会えるキャンプ場 [Humotoppara編] ②

2019年1月18日(金)~19日(土)

ふもとっぱらキャンプ場2日目の朝

昨日深夜-7℃を記録しました。
相当寒いのかと思っていましたが、軍事用の防寒着のおかげでそんなに寒くはありませんでした。

起きたのは日の出2時間前
日の出の動画を撮りたくてカメラをセットしました。

[関連動画]
ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 紅富士と出会えるキャンプ場 [Humotoppara編] ②
この様子は上記リンクで確認出来ます。

IMG_7143_c.jpg

朝からピザオーブンを使ってピザを食べました。
朝からピザ…笑)
でも、美味しかったです。

IMG_7168_c.jpg

風は強く今朝も焚き火は出来そうにありません。
焚き火ハンガーが泣いています。;つД`)

【PETROMAX(ペトロマックス) 焚き火ハンガー ファイヤーアンカー】[amazon.co.jp] ※動画疑似商品


【BBQ Grill/バーベキューグリル(ロストル)bbqg-01】[amazon.co.jp] ※動画疑似商品


IMG_7174_c.jpg

ふもとっぱらの強風はうわさ通り尋常じゃなかった。笑)
昼になると風が弱まり、夜から朝方になると風が強くなる。
ふもとっぱらは毎日こんな感じなのかな?

IMG_7183_c.jpg

このテント後方で行っている工事は何だろう?
随分大きな物を建てているのか、多分トイレは出来そうな気がする。
そうあってほしい。笑)

IMG_7188_c.jpg

今日は早めに温泉に行く事にしました。
出来れば、紅富士タイムには帰って来たい。

IMG_7189_c.jpg

そして温泉からの帰りの風景がコレ!
見事な紅富士です。

動画でも収めたのでよろしければ見てください。
ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 紅富士と出会えるキャンプ場 [Humotoppara編] ②

IMG_7197_c.jpg

どんだけ暖房器具持って来たんだって感じですよね 笑)
でも…薪ストーブだけで十分でした。
結局、寝る際は消えてしまうしね

同型機種として他社製品で似た物が下絵の商品です。
【コンパクト薪ストーブ OG1905C11L Mt.SUMI(マウント・スミ) ブラック】
まきちゃんと違い色々アクセサリーが取り付けられます。


【モキ製作所 MOKI 組立式無煙 俺のかまど MK-6K】
かまどが付いたコンパクト薪ストーブ。


世界で一番売れているコンパクト薪ストーブ
ノルウェーブランドの老舗G-Stove
アクセサリーも豊富で多くの海外Campユーチューバーにも愛されている商品です。
【G-Stove Heat View 本体セット 薪ストーブ】


また、薪ストーブを始めるに相応しいコストパフォーマンスに特化した
【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ストーブ BBQ KAMADO かまど 煙突 角型ストーブ UG-51】等もあります。
ただ値段相応なのか火を見る窓はありません。



IMG_7207_c.jpg

-7℃の表示になったので慌ててカメラを構えたら間に合いませんでした。泣)
でも動画では成功しました。
これは暖房器具無しの気温差です。
つまりテントの外と内では約5度の差が生まれるんですね

【クレセル 室内・室外 デジタル温度計 最高・最低温度 時計付き AP-07W】[amazon.co.jp]


IMG_7214_c_20190311230911b99.jpg

そんな感じで温度計前でモタモタしていたら体が冷えてしまい薪ストーブを付けるはめに。

IMG_7216_c.jpg

早朝陽が出て来ました。
気温は1℃深夜より高いかな

それでもやっぱり寒い。

IMG_7227_c.jpg

富士山を眺めながらカレーうどんを食べました。
何とも贅沢でしょう。
これが最後だと思うとやっぱり寂しい。

IMG_7226_c.jpg

食事は何ともシンプルではありますが、富士山の眺望味付けは最高の調味料でした。

IMG_7228_c.jpg

逆さ富士を最後に撮影。
でも池が凍っていて良い感じには撮影出来ませんでした。
とは言え、紅富士タイムにはそれなりの撮影(動画)が出来たと思います。

ふもとっぱら、うわさ通り壮大なキャンプ場でした。
富士山をお腹一杯食べられるキャンプ場。
強風は怖かったけど最高のキャンプ場でした。

以上、ありがとうございました。

[関連動画]
ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 紅富士と出会えるキャンプ場 [Humotoppara編] ②


以上、クマライダーズキャンプでしたぁ~(*´▽`*)

kao03_190925.jpg





ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 富士山をおなか一杯食べられるキャンプ場 [Humotoppara編] ①

2019年1月17日(木)

この冬一番寒い最中、アニメ(漫画)「ゆるキャン△」第2第3話でも紹介されたキャンプ場「ふもとっぱら」に行って来ました。

[関連動画]
ふもとっぱら [ゆるキャン△の聖地] 富士山をおなか一杯食べられるキャンプ場 [Humotoppara編] ①


P1170233_b.jpg

ふもとっぱらはチェックインが早い!

キャンプを有意義に過ごす事を目的に前日の夜早めに家を出ました。
現地遅くにビジネスホテルに到着。
朝食バイキングを1000円と考えるならば宿泊費はほぼ1000円で済む程安い出来たばかりのビジネスホテル。
お風呂もありとても快適でした。

そして翌日7時にホテルを出てふもとっぱらへ向かいます。

P1170255_b.jpg

チェックイン8:30~17:00
チェックアウト14:00

このキャンプ場、太っ腹なチェックイン、チェックアウト時間も売りの1つではありますが、なんと5人までなら3500円で車1台+テント一張り出来ると言うコスパ最高のキャンプ場とあって、ファミリーキャンパーやグルキャンの方達を多く見かけます。
ただ疑問なのが、コンパクトカー(普通車)1台に大人4人で来て、普通テント1、小さいテント2のグループを見かけたのだけど、その場合お値段はいくらになるのだろう・・・?
やはり3500円なのだろうか??
ウチは二人で乗用車に荷物が一杯一杯、この4人のキャンパーさん達、コンパクトカーでどこからその大荷物が出てきたのかな?
不思議でならない。
とても器用な人達だった。 笑)

P1170234_b.jpg

設営場所は、管理陣から遠く離れた真ん中より若干富士山寄りに陣取りました。
比較的中央のトイレから近い位置です。
と言っても広い場内、やはりトイレは遠い。笑)

LOGOS 「neos PRAIRIE2ROOM・PLR L-AG」 (現在販売中止)
タープ 「neos Link Panel・PLR」

≪後続のテント≫
【ロゴス(LOGOS) neos ALストリームドゥーブル・PLR XL-AI 71805043】
【ロゴス(LOGOS) タープ neos Link Panel・PLR(142×200cm) ポールなし キャノピー UVカット加工】
 

P1170236_b.jpg

さて、今回は季節柄寒い地域と聞き、薪ストーブ(はじめてのまきちゃん)を持参してきました。
耐熱処理として前回より安全性を考え、サーモバンテージを下段の煙突に巻きつけた仕様。

【LEDAUT サーモ バンテージ 耐熱800度 断熱布 5CMX5M】


それに加え、テント閉幕時には1つのスタンドを煙突に括り付け、幕が煙突に絶対付かない様にしました。

【NEEWER ビデオ三脚ライトスタンド 2脚セット】


風が恐ろしく強いうわさを聞いていたので、まずはこの作業を徹底した次第。
上図写真では分かりませんがテントタープ(前面入口部)を畳んだ後の作業をお話ししました。

焚火ハンガー(焚き火ポール)は支柱が深く刺さらないのでぐらつきはロープで固定。
意外に石くれが多く鉄柱は深く刺すには難しいようです。
当然、今回は焚火ハンガーのテーブルは危険なので火には掛けられず薪置場となりました。
正直何の為の焚き火ギアなんだと言いたいが、まぁ飾りでしかないようです。(笑)

【PETROMAX(ペトロマックス) 焚き火ハンガー ファイヤーアンカー】[amazon.co.jp] ※動画疑似商品


テントジョイントのタープは支柱を抜きました。
前回(若洲キャンプ)の強風で壊れたジョイント金具の件もあり、強風で踊り狂うタープを片付けるのだけはご免ですから
あくまでたたむ際の危険回避です。
焼き網の代わりは焚き火台ロストルとしました。
やはり焚き火台にはこのロストルが一番安定します。

【BBQ Grill/バーベキューグリル(ロストル)bbqg-01】[amazon.co.jp] ※動画疑似商品


P1170240_b.jpg

全体の配置として、富士山を見ながらが基本と思うのです。
なのでイスは常に富士山側に向けます。
これはここに来る全てのお客さんもそう考えるのでしょう。
テーブルの配置もそれに倣いました。
実際気持ちの良い感じでした。
富士山と会話が出来るのがとても嬉しいです。笑)

P1170245_b.jpg

風が強く、テント下のスカートが半端無くバタつきます。
薪や端材を置くも風が強すぎるせいかあまり効き目はありませんでした。
そのせいで風が容易に侵入し、とても寒かった。
夜中は外気-7℃ですよ 笑)
恐ろしく寒かったです。

IMG_7108_b.jpg

昼までは「青富士」
これはこれでとても美しい。

IMG_7109_b.jpg

夕方には「紅富士」
淡いピンクの富士山はキレイで可愛い。
ゆるキャン△でも紅富士はキレイに描写していましたね

IMG_7110_b.jpg

とても美しいです。

IMG_7122_b.jpg

夕食はココットダッチオーブンで「茄子の煮浸し」を作りました。

【リンナイ 部品 rinnai 【型番:RBO-D1V-1】ココットダッチオーブン(単品)【52-1721】】


そして五目御飯を土鍋で炊きました。

【大黒窯 手造り ごはん土鍋 二重蓋 炊飯 2合炊き】※下記動画疑似商品


夕食を食べながら紅富士を眺める。
とっても贅沢な時間を過ごしました。

下記のリンクからその様子を詳しく動画で紹介
ふもとっぱら [ゆるキャン△の聖地] 富士山をおなか一杯食べられるキャンプ場 [Humotoppara編] ①
見ていただけると嬉しいです。

IMG_7127_b.jpg

寒い日にはやっぱりコレ!
『薪ストーブ』が一番です。

同型機種として他社製品で似た物が下絵の商品です。
【コンパクト薪ストーブ OG1905C11L Mt.SUMI(マウント・スミ) ブラック】
まきちゃんと違い色々アクセサリーが取り付けられます。


【モキ製作所 MOKI 組立式無煙 俺のかまど MK-6K】
かまどが付いたコンパクト薪ストーブ。


世界で一番売れているコンパクト薪ストーブ
ノルウェーブランドの老舗G-Stove
アクセサリーも豊富で多くの海外Campユーチューバーにも愛されている商品です。
【G-Stove Heat View 本体セット 薪ストーブ】


また、薪ストーブを始めるに相応しいコストパフォーマンスに特化した
【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ストーブ BBQ KAMADO かまど 煙突 角型ストーブ UG-51】等もあります。
ただ値段相応なのか火を見る窓はありません。


IMG_7128_b.jpg

これを経験すると『薪ストーブ』から離れられません。
こたつから出れないのと同じです。笑)

さて、ふもとっぱら1日目はこれで終了します。
2日目も見ていただけると嬉しいです。
以上、ありがとうございました。

[関連動画]
ふもとっぱら [ゆるキャン△の聖地] 富士山をおなか一杯食べられるキャンプ場 [Humotoppara編] ①


以上、クマライダーズキャンプでしたぁ~(*´▽`*)

kao03_190925.jpg





ファットウッド宝探し [ 太古からある着火剤 part 2 ]

2018年12月27日(木)
ファットウッド宝探し(太古からある着火剤シリーズ2)

[関連動画]
ファットウッド宝探し [ 太古からある着火剤 part 2 ]

IMG_6983_b.jpg

久しぶりのファットウッド探し



本当はブッシュクラフトを楽しむべく実家に来たのですが、まずは着火剤探しにいそしみました。
結局丸1日を費やし、見つける事が出来ました。(写真参照)
ブッシュクラフトは又の機会と言った感じでしょうか。

この様子は以下の動画で紹介しています。
ファットウッド宝探し [ 太古からある着火剤 part 2 ]
よろしければ見ていただけると嬉しいです。

以上、ありがとうございました。



kao03_190925.jpg





該当の記事は見つかりませんでした。