FC2ブログ

Kuma Riders Camp

北海道横断の旅 その2(富良野 ニングルテラス)


【北海道の旅】♯2 ニングルテラスを散策しよう![富良野編]
[この YouTube ボタンでKumaRidersCamp動画のシリーズをご紹介]
詳しくは、YouTube内の説明欄をご覧ください。


180603000.jpg

<6/2~6/14 13日間、北海道横断の旅>

6/3 (日)

この日、苫小牧港から富良野に向かい新富良野プリンスホテルで一泊する予定です。
本格的なキャンプは /4 (月) からですね

本日のコース
苫小牧港➔道央道・道東道(占冠)➔富良野まで。
そこそこの距離(150㎞前後)になります。

180603001m2.jpg
(車窓ビデオからの一枚、画像荒れはご勘弁を)

苫小牧港から船を降り、まず初めに北海道らしさを堪能出来るのがこの片側4車線道路。
4車線はさほど珍しいものではありませんが、注目すべきはその長さです。
一般道でありながら恐ろしく長かったです。

180603002m2.jpg

とは言え、高速道路が逆に片側1車線で路側帯のみっていうのはどうなんだろう・・・?
交通量はほとんど無いのでスムーズさに問題は無いのですが、強引な追い抜き車両を何台か経験すると不安もあります。
それとサービスエリアはあったとしてもトイレ休憩しか出来ないものばかり。
一般道で給油を逃した私らは、この高速道区間唯一の給油場所でガソリン満タンにしました。

散々文句を言いましたが、良いところだって当然あります。
恐ろしく見晴らしが良い事です。
これは何物にも代え難い事、THE北海道を堪能出来ました。

180603003m2.jpg

道東道占冠(しむかっぷ)を降りるとそこからは一般道で富良野を目指します。
長い距離ではありますが、ここ北海道の田舎はほとんど信号が無いので楽な道のりでした。

180603001.jpg

制限速度を守りつつもナビの予定を1時間以上も早く目的地に到着。
本日お世話になる新富良野プリンスホテルです。
本当なら途中サービスエリアや食事処(夕食)に立ち寄り夜遅くに到着する予定でした。
ですが信号もほとんど無く閑散とした道、トイレ休憩以外立ち止まる意志を忘れていました。 笑)
真っ暗でテント設営はキツイと思い宿をとったのですが、この明るさならテント設営出来ましたね

180603002.jpg

プリンス系ホテルってどこも対応が雑だったりするけど、ここ新富良野プリンスはしっかりしていました。
余談ですが、中国人観光客の多さにはビックリ、日本人を探す方が大変です。 笑)

180603003.jpg

ちなみにここ新富良野プリンスは、温泉に浸かれるホテル、後でゆっくり浸かりに行きましょう。

180603004.jpg
正面玄関からの風景

180603005.jpg
正面玄関からの風景

180603006.jpg
昭和17年頃の「富良野駅」開業当時を再現した店舗らしい

部屋に通されましたが、荷物を置き、直ぐにホテル周辺を散策します。

180603007.jpg
吾郎ドカジャンが目を惹きます。

作家、倉本聰氏の作品が詰まった土産屋さん。
テレビドラマ3作品「北の国から」「優しい時間」「風のガーデン」のオリジナル商品を販売しています。
この日は、北の国からのビデオが流れていました。

五郎キャップと五郎ドカジャン・・・正直欲しかったけど、買ってもタンスの肥やしにしかならないね~笑)

180603008.jpg

新富良野プリンスホテルに隣接したロマンチック ショッピングエリア【ニングルテラス】
自然をテーマにした作品を色々取り揃え販売しています。

夜は幻想的な雰囲気が漂い、ライトアップされた雰囲気は心和ませます。
謳い文句通りほんとロマンチックでした。

180603009.jpg

地図では狭く感じる園内は意外に広く、喫茶店「森の時計」へ行く頃には少々汗ばむ程度。

180603010.jpg

あいにくの曇り空でライトアップ前ですが、これはこれで清々しい気分になれます。

180603011.jpg

それほど人も居ないので歩きやすかったです。

180603012.jpg

180603013.jpg

どの店も個性ある商品が並び、丸太小屋の店内に可愛く映えます。

180603014.jpg

180603015.jpg

180603016.jpg

180603017.jpg

180603018.jpg

こう言った石段造りのセンス、他の観光地でも見習ってほしいなぁ
心惹かれるものがありますよね

180603019.jpg

180603020.jpg

180603021.jpg

森の時計に到着!
夕食に丁度良い時間なのでここで食事をとることに。

180603022.jpg

もちろん森の時計名物「森のカレー」と「雪のシチュー」を頼みます。

180603023.jpg

この「森の時計」、作家・倉本聰氏のテレビドラマ「優しい時間」で現実味を出すために実際に建設された喫茶店らしいです。
玄関の間取りから雰囲気ありますよね

180603024.jpg

待ち用イスが多く立ち並び不安もありましたが、中国人一家族と他一家族が居た程度で空いていました。

180603025.jpg

それにしてもこのレトロ感漂う佇まいは心が落ち着きますよね

180603026.jpg

180603027.jpg

高そうな暖炉、カッコいいです。

180603028.jpg

こんな暖炉のある家に住みたいと思う人結構多いと思います。

180603029.jpg

180603030.jpg

180603031.jpg

180603032.jpg

ここで大失態に気が付きます。
館内を調子こいてバシバシ撮っていたら、目的の「森のカレー」「雪のシチュー」を撮るのを忘れてしまいました。笑)
何とも食い意地がはった連中なんだろう・・・笑)
雪のシチュー、森のカレーがある「森の時計」喫茶店URL

180603033.jpg

カウンターも雰囲気ありますよね
家の近くにこんな店があったら常連になりたいです。

180603034.jpg

180603035.jpg

180603036.jpg

180603037.jpg

180603038.jpg

180603039.jpg

気が付けば外も大分暗くなって来ました。
園内は既にライトアップされています。

180603040.jpg

何とも幻想的ですね

180603041.jpg

180603042.jpg

180603043.jpg

180603044.jpg

180603045.jpg

180603046.jpg

180603047.jpg

180603048.jpg

180603049.jpg

180603050.jpg

180603051.jpg

180603053.jpg

180603054.jpg

180603058.jpg

180603059.jpg

180603060.jpg

随分とグルグル回りました。
もうお腹一杯です。
収穫は木の香りがする2018ロウソクかな
いつかキャンプの時にでも使ってみますね

180603061.jpg

さて、ホテルに戻って温泉に行きましょう!

180603062.jpg

ちなみにホテルから温泉「紫彩の湯」までが恐ろしく遠かったです。
どこまで歩かされるんだってぐらい遠い。
まぁエレベーターを使いたくないので歩きに徹したのがそう感じさせたかもしれないですが、ホテルのエレベーターを入れると3回も乗り継ぎがあるのでウンザリします。 笑)
ちなみに温泉の下駄箱、自分専用で支給されるホテルサンダルをナンバー付きクリップで挟む事で他人に取られない様配慮がなされていて、神経質な人には持って来いのシステムあるのですが・・・見事にツレのスリッパを持って行かれました! 笑)
お客様によっては何の意味もないのでしょうね

温泉自体は清潔感があり、湯は普通に良かったです。
アメニティルームも充実しているので、温泉を充実したい人には憩いの場になると思います。

本日はここまで!
いよいよ明日からキャンプです。
富良野の街も探索しますよ

ではまた!

その3に進む
その1に戻る


kao03.jpg
KUMA RIDERS CAMP



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 夫婦キャンプへ
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ



よろしかったらコメントいただけると嬉しいです。



Kuma Rider

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。