FC2ブログ

Kuma Riders Camp

〜キャンプ、ツーリング、DIYを中心としたKUMA型ヒューマンライフ〜
【無印良品】カンパーニャ嬬恋キャンプ場 [暑い夏は涼しいキャンプ場で楽しもう!] MUJI 2019.09.15
千葉県にしては珍しい海岸近くの格安キャンプ場 [大房岬自然公園・大房岬キャンプ場] 2019.06.25
【Amazon.co.jp 限定】コールマン ワンポールテント & ヒーリングチェア オリーブ のご紹介![これはもう軍幕⁉] 2019.06.24
ゆるキャン△のスープパスタを作って食べて、ブッシュクラフトも楽しむ欲張りキャンプ[白州観光尾白キャンプ場] 2019.05.12
天空でキャンプ飯 [陣馬形山キャンプ場] 中央アルプスを一望出来るキャンプ場 [Jinbagatayama Camp] 2019.05.12
ほったらかしキャンプ場 雲海と富士山 弟小屋 雨の日最強のタープ泊 [Hottarakashi編] ② 2019.03.12
ほったらかしキャンプ場 弟小屋大解剖! 区画サイト、ほったらかし温泉紹介 [Hottarakashi編] ① 2019.03.12
ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 紅富士と出会えるキャンプ場 [Humotoppara編] ② 2019.03.12
ふもとっぱら [-7℃の極寒キャンプ] 富士山をおなか一杯食べられるキャンプ場 [Humotoppara編] ① 2019.03.11
ファットウッド宝探し [ 太古からある着火剤 part 2 ] 2019.03.11
風をなめたら大失敗!若洲公園キャンプ場で強風と格闘 ② [ 都内編 ] 2019.03.11
キャンプで夜景を楽しもう! 初冬の若洲公園キャンプ場 ① Wakasu Seaside Park [ 都内編 ] 2019.03.11
DOD はじめてのまきちゃん [ 薪ストーブ初火入れ ] 道志の森キャンプ場 ② [Doushinomori編] 2018.12.06
はじめての道志の森キャンプ場〖新幕キャンプ〗秋満喫のダッチオーブン料理 ① [Doushinomori編] 2018.12.05
北海道横断の旅 最終回(苫小牧市内観光 マルトマ食堂→苫小牧港→大洗港) 2018.07.18

北海道横断の旅 その9(知床・摩周湖・釧路 野生の丹頂鶴)

180610000.jpg
<6/2~6/14 13日間、北海道横断の旅>

6/10 (日)
【国設知床野営場】3日目の朝。
曇りか、撤収には丁度良いかな

今日は知床から摩周湖に立ち寄り釧路の達古武オートキャンプ場へ向かいます。

180610001.jpg

食事をそそくさと済ませ、国設知床野営場内を散策します。
でっかいキノコ発見!
コレは何と言うキノコですか?

180610002.jpg

でっかいなぁコレ食べられるのかなぁ?
食べられそうだけど得体のしれないものには手を出すのは止めておきましょう。

おっと、さっさと撤収作業をしよう。

180610003.jpg

えっ?!
辺りが急に明るくなって来ました。

マジかぁ

くしくも知床で晴れて欲しかった日が今日と言う日にやって来ました。(´Д⊂ヽ
どうして移動日なんだよ!って感じです。

180610004.jpg

なんて気持ちの良い青空なんだろう・・・ *´▽`*)
って喜んでいいのか? ´・ω・`)

180610005.jpg

そりゃぁ晴れている方が良いに決まっているけどね
今までの経緯を考えるとちょっと泣けてくるわ

それにだよ涼しい曇りで撤収のはずが、晴天の炎天下に変わって汗だくだよ ^▽^;)

180610006.jpg

撤収完了!
せっかくなんで【国設知床野営場】を深く探索してみよう!
ここには「知床森林スポーツ林」と言うレクレーションコースがあります。
大した距離ではありません。
知床百景である夕陽台を含む知床の自然を満喫出来る森だそうです。

180610007.jpg

わーい!どうでもいい花発見!

180610008.jpg

意外に気持ちが良いねコノ散策路。

180610009.jpg

空も青いし、最高の天気だ。

180610010.jpg

海のエメラルドブルーも輝いて見えるよ

180610010b.jpg

わぁフェリーが運航しているよぉ~なんて素敵なんだー 泣)

180610011.jpg

晴れている日は全てが美しい。

180610012.jpg

知床の全工程が雨でなくて良かった。
それだけは救いになったかな

さて、一路摩周湖に向け出発します!
【国設知床野営場】とはこれでお別れですね

色々嫌な事もあったけど、ほとんどが天候のせいなんだよなぁ
晴れていればここは天国にもなりえる場所。
ついてなかた3日間だったけど、これはこれで良き思い出になりました。

来る機会があれば是非また来たいです。
今度来る時は晴天である事を祈ります。

さようなら知床、さようなら【国設知床野営場】!

180610013.jpg

摩周湖までの道のり、車窓からは常に北海道らしい風景が広がります。

180610014.jpg

ほんと雄大ですね

180610015.jpg

屈斜路湖が見えて来ました。
と言うか、この裏手がすでに【摩周湖】です。
第三展望台からの眺めです。

180610016.jpg

どうですかこの摩周ブルー。
とても美しいでしょ。

180610017.jpg

摩周湖は基本人が入れない湖です。
それは国立公園の中でも特別保護地区となっているから。

180610018.jpg

世界で2番目に透明度が高い湖らしいです。
一番でないのが悔しい。 笑)
ちなみに一番は、ロシアのバイカル湖だそうです。

カムイシュ島が見えますね
手前のポチっとした可愛い島です。
今日はついていますね
カムイシュとは、アイヌ語で「神となった老婆」という意味。

水深210メートルもあるのによくこんなポチっと島が出来たものです。

180610019.jpg

カルデラ沿いの道、美しいです。

では本日の最終目的地【達古武オートキャンプ場】へ向かいます。

阿寒湖にも寄りたかったけど、早く宿でゆっくりしたい。

180610020.jpg

釧路湿原に入りました。
サルボ展望台近くの湖で小休止。
目指す達古武は目の前ですね

180610021.jpg

【達古武オートキャンプ場】に到着しました。


【達古武オートキャンプ場】概要

<施設紹介>

[期 間]5月1日から10月31日

[入場料]大人 1名 100円 / 小学生,中学生 1名 50円

[設 備][料 金]

◇フリーサイト(50区画) 1張(5人用まで) 1泊 640円
 デイキャンプ(5人用まで) 320円

◇オートサイト(25区画) 1区画 1泊 1,290円
 デイキャンプ 1時間 100円

◇ロッジ(4人用x5棟) 1棟 1泊 3,780円
 日帰り 1時間 270円

◇簡易バンガロー(10棟) 1棟 1泊 2,160円(2人が限界?)

[売 店]軽食、シャワー室、トイレ

[問合せ]センターハウス(電話) 0154−40−4448


<各種料金>

■センターハウス
◇シャワー 1回 (5分) 100円 (男女各2)
◇洗濯機 1回 200円(30分)
◇乾燥機 1回 100円(電気式 乾燥力弱し)

■レンタル
◇貸しテント(マット付き)1張 1泊 1,050円
 デイキャンプ 520円
◇貸し毛布 1泊 315円
◇貸し寝袋 1泊 210円

■レンタルサイクル
◇マウンテンバイク 一般 ~2時間 630円
 小・中学生まで 310円
 超過料金あり

■レンタルカヌー
 一 般 (中学生以上) 1時間 1,000円
 小学生 500円
 期 間:5月~10月まで

■バーベキュー
◇売店 肉、箸、紙皿やコップ類、インスタント物販売。
 (注意:野菜はない。必要なら前もって他で購入)
◇バーベキュー炉(一区画/1回) 210円
◇カセット式ガスコンロ 1台/1回 315円
◇木炭 約3Kg 800円

■補足
◇薪 バケツ一杯分 300円 (太めの薪10本前後)

※料金は平成27年4月1日からの表記です。

180610022.jpg

キレイに整備されたキャンプ場ですね
ここは釧路湿原川下りも出来るらしいですよ

180610023.jpg

本日お世話になるロッジ(4人用)です。
かなりしっかりした造りです。

180610024.jpg

キャンプも出来、敷地の中央に区画がいくつかあります。

180610025.jpg

ここは管理棟です。
シャワー室があり、軽食も可能。
とても親切な管理人さん達でしたよ

180610026.jpg

時間も時間なのでそろそろ夕食の準備に取り掛かりましょう。

とその前にせっかくの達古武の夕陽をビデオに収めないとですね
湖畔近くに行き、ゆっくりと夕陽の沈む風景を撮影します。

(。´・ω・) ん?

数分間湖畔に向かっていると手前草むらで妙な動きを発見!
慌てて拡大して確認します。

(; ・`д・´) えっ!?

(;゚Д゚ ) マジか?

ここってキャンプ場であって飼育施設では無いよね??

野生の丹頂鶴が目の前にいますよ
それもどうやらつがいらしい。

たった3mほど隔てた距離なのに向こうは私に気づいていないようです。
草むらが間にあるとは言え夕暮れ、やはり鳥目なのかな?
これはチャンスと思い、じっくりと観察&撮影をします。

180610027.jpg

これが飼育されていない野生の鶴です。
動画からなので画像荒れはご勘弁を。
草むらを左から右に移動しています。

180610028.jpg

10分前に泊り客が数人居た所へ鶴は向かっているようです。
観察者は私とコテージのベランダ越しにたまたま見ていたツレのみ。

何てこった!(`・ω・´)

これって我々だけしか見ていない野生の鶴のオンステージじゃないですか。
メチャクチャ感動しました!
明日、飼育の鶴を観ようと思っていたのに。
それ以上の収穫をいきなり獲得してしまいました。

180610029.jpg

先日の知床のついてなさから比べると雲泥の差ですよ (*´▽`*)

180610030.jpg

仲良く夫婦で飛び立つところまで撮影できました。
夕陽に消えてゆく彼らの姿がとても印象的でした。

180610031.jpg

これは何のご褒美なんだい? (*^▽^*)

最高の達古武ショーも終わり、夕食にします。
今日は外で調理し、コテージ内で食します。

180610033.jpg

感動のひと時を肴に夕食は会話が弾みました。
今夜はタイカレーです。
余り物の玉ねぎを使いました。
この旅で食べきれなかったツマミやら果物やお菓子に酒など並べまくり。
結局また食べきれないので意味は無いんだけどね 笑)

180610034.jpg

残り物を利用したとはいえ、タイカレーは美味しかったです。
口の中で広がるココナッツ風味は懐かしい味でした。

さて明日は【丹頂鶴自然公園】で鶴を見学に行きます。
もうお腹一杯なんですけどね
ツレは遠くでしか見れていなかったので「見せて~!」と駄々っ子です。
仕方ないですね ( ´,_ゝ`)プッ

【釧路湿原国立公園 細岡展望台】で名物うねうね川を見に行きます。
ついでに【釧路湿原駅】で【ノロッコ号】を見てみたい。

ではまた!

その10に進む
その8に戻る


kao03.jpg
KUMA RIDERS CAMP



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 夫婦キャンプへ
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ



よろしかったらコメントいただけると嬉しいです。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する