FC2ブログ

Kuma Riders Camp

空き缶で自作ロケットストーブ、ゴミを再利用その結果…⁈ [DIY]

空き缶ロケットストーブその1
ゴミ缶を再利用してみたけど…


210130_20.jpg


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
YouTube動画で配信中ココをクリック


2021年の1月30日〜11月08日(動画撮影及び製作期間)
飲み終わったコーヒーの空き缶でなんちゃってロケットストーブを作りました。
体を壊し暫く眠っていた製作物。
今やっと動画を上げるに至りました。

そもそも簡易ではありますがオモチャの様なロケットストーブは既にあり
作る必要など全く無いのですがただ何となくで製作。
いつものゴミから再利用魂が再燃した次第。



ロケットストーブも随分と一般的に売られる様になりました。





じゅんいちダビッドソンさんも気に入って使っているロケットストーブ




兎にも角にも市場には存在しない代物。
私から是非発信したいと思い立ちました。

では作業を開始します。

使った缶は大きなアルミボトル缶と小さめのアルミボトル缶。
この2つを利用しロケットストーブの形を構成します。

210130_03.jpg

要はカッターで穴を開けくっ付ければ基本完成です。
ただそれだけではカッコもつかないのでちょこちょこ手を加えました。

大きい缶はフィルムを剥がせば銀色になります。
小さい缶は印刷。
銀色でまとめたいので小さい缶はヤスリ掛けして銀色剥き出しにします。

210130_04.jpg

210130_05.jpg

210130_06.jpg

まずはカッターで大きいボトル缶に穴を開けます。
コレは小さいボトル缶を中に入れるためのもので合体させて使います。



※穴あけガイドのやり方は動画で確認してください。

210130_08.jpg

210130_09.jpg

一応これに手を切らない様にヤスリ掛けを施します。

210130_10.jpg

210130_11.jpg

小さいボトル缶にも穴を開けます。
コレは燃料投下口からメイン大筒に繋がる同線作りです。

210130_12.jpg

これも一応ヤスリ掛け。

大小アルミボトル缶を合体させれば完成!
何ともあっという間に完成しました。
ただコレでは土台が不安定で燃料投下もままならない。

そこで足場になるスチール洗濯バサミをここに噛ませます。

コレでとりあえずは安定しました。


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
YouTube動画で配信中ココをクリック


最後に小さい缶に炭受けを設けます。
コレは必要がないもの。
実際今持っているオモチャのロケットストーブにもついていません。
物があまりにも小さくなる空き缶ロケットストーブ。
使用後の灰が下に落ちる設計で木片使用量を使用中でも多く入れられる…かな?
と言う実験を兼ねた物です。
なので基本作る必要はありませんね

210130_15.jpg

さて、コレで実質本体の製作は終了。

210130_16.jpg

でもコレだけでは湯も沸かせない。
なのでコレに五徳を着けることに



必要なのは
キャンプで使用する安物のスチールペグx3
それをまとめるスチール結束バンドx2

210130_17.jpg

210130_18.jpg





アルミボトル缶の高さに調整可能な五徳を発見!
もっと早くに気がつけば良かった…




コレで完成!

210130_19.jpg

早速燃焼実験の為に三番瀬BBQ広場に来ました。

とてもハエの多い公園です。
まぁ我慢しましょう。(笑)

まずここで行う前に懸念要素が発生。
・下が芝だったこともあり土台がフワフワで安定感なし
・そもそもアルミで軽いので着火前から本体が浮き足立っている

210130_21.jpg

もう既に転倒要素が染み出している。(泣)

210130_22.jpg

その為の不燃シート4枚重ねで且つ鉄板も敷いています。
まぁ倒れても問題は無いでしょう。
あくまで実験。
倒れてから考えます。

着火剤を使って火をつけます。

燃やすものは
・使う古しの割り箸
・食べ終わったアイスの棒
本体も小さいしコレで問題は無いでしょう。

缶の色がきつね色に変わる頃に問題が発覚⁉︎
何と小さい缶に噛み付いていた洗濯バサミが缶を噛み潰そうとしています。
コレは恐れていたアルミ材質が熱に負け曲がり始めたものでしょう。

マジか…
その為の耐久性ありそうな小さいかんを選んだのに
コレでも耐久性は足りなかった。

予想だにしなかった凹みにより煙と炎がはみ出ているのが分かります。

まぁ許容範囲内だ・よ・っ(^◇^;)

いよいよ水を入れたヤカンを火に掛けます。
不安定なので慎重に〜っと

コテっ! (本体転倒)
え〜〜〜っ((((;゚Д゚)))))))

210130_23b.jpg

倒れてしまった…



原因は?
・地面が芝でフカフカだったこと
・本体がアルミで軽すぎること
・五徳を本体に着けたことがそもそも無理があった(独立した五徳が必要)

一番の原因はやはりアルミであるが故の軽さ
持ち運びには最適なのかもしれないが強い風でもあれば倒れそうでは
やはり無理がありました。

※この辺りの様子は動画にて確認ができます。

とりあえずお湯の1つでも沸かさないと気が済みません。

210130_23.jpg

バランスさえとれればお湯は湧く様です。
そう、火力はなんちゃってでもロケットストーブ。
その程度は難なくこなしました。

210130_24.jpg

でもコレを修理しても元の素材がアルミである以上難しそうです。
キャンプで活躍するには素材からの見直しが必要ですね

210130_25.jpg

次回があるかは今のところ不明です。
でも違う素材でまた空き缶ロケットストーブを作りたい意志はあるので
次回があったらまた動画を見ていただけると嬉しいです。

210130_26.jpg


YouTube-logo-full_color_light03.jpg
⬇️⬇️下記文章クリックでYouTube動画をお楽しみいただけます。⬇️⬇️
YouTube動画で配信中ココをクリック


今回はここまで
ありがとうございました。



kao03_190925.jpg








にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 夫婦キャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Kuma Rider

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。